人文地理学会大会 研究発表要旨
2011年 人文地理学会大会
セッションID: 402
会議情報

第4会場
三河における越前鎌商いの地域的展開と豊橋(吉田)鍛冶町
?金物産地と城下町鍛冶業との関係?
*河島 一仁
著者情報
キーワード: 三河, 越前, 吉田, 鎌商い, 鍛冶
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

18世紀後半以降に発展した越後三条、播州三木、越前武生などの金物産地が、城下町の鍛冶ならびに農村地域の野鍛冶とどのような競合関係のもとで発展してきたかに関してこれまで論じられていない。本報告では第一に、越前鎌商い(行商人)が北設楽郡においてどのような行商活動をおこなったかを、宿帳をもとに分析する。その過程で、同郡で営業活動を行なった諸種の行商人のなかで彼らを位置づける。第二に、今立郡に残されていた昭和10年代の資料をもとに、豊橋(吉田)周辺が越前鎌商いの活動範囲に含まれていたことを指摘し、『百姓伝記』で高評価された吉田鎌の衰退に関して検討を加える。

著者関連情報
© 2011 人文地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top