保全生態学研究
Online ISSN : 2424-1431
Print ISSN : 1342-4327
原著
録音による森林性鳥類モニタリングの有効性評価: 奄美大島の鳥類保全に向けて
井上 遠井上 奈津美吉田 丈人鷲谷 いづみ
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 23 巻 1 号 p. 87-98

詳細
抄録

奄美大島の亜熱帯照葉樹林における森林性鳥類の種組成、および保全上重要な種の生息密度分布のモニタリングに録音法を用いる可能性を検討した。繁殖期(2015 年4 月22 日~ 5 月6 日)に5 か所の森林域において、早朝および夜間に音声録音(録音法)とポイントカウント法を同時に実施した。オオトラツグミやルリカケスなど奄美大島の森林域に生息する保全上重要な鳥類種を含めて、録音法でもポイントカウント法とほぼ同様の鳥類相を記録できた。録音法で記録されたリュウキュウコノハズクとアカヒゲのさえずり頻度は、ポイントカウント法で計数した個体数に対して有意な正の効果を示し、録音法はこれらの種の生息密度のモニタリングにも有効であることが示唆された。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本生態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top