日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
ISSN-L : 1344-4425
論文
位置ずれに対するロバスト性向上ハーフトーン技術の原理解析
角谷 繁明
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 59 巻 1 号 p. 103-110

詳細
抄録

先の報告では,シリアル走査方式インクジェットプリンタの往復走査間の位置ずれに起因する粒状性劣化と,往または復走査の一方で形成されるドットパターンを取り出した時の粒状性の間に,極めて強い相関関係があることを発見し,後者を改善したハーフトーン手法を開発することで,位置ずれ発生時の粒状性劣化を大幅に低減して,ロバスト性を向上させたハーフトーンが実現できることを示した.本報告はその続報として,位置ずれ発生時の粒状性劣化メカニズムについて,周波数特性などのより詳細な解析を行い,往または復走査の一方で形成されるドットパターンが持つ中低周波成分が,位置ずれによって顕在化することが粒状性劣化の原因であることを,実例を示しつつ明らかにした.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事
feedback
Top