国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
発表とワークショップ
新しい医療を求めて(3) : 婦人科疾患:東洋医学からの新しい視点によるアプローチ
(発表とワークショップ,第33回生命情報科学シンポジウム)
竹中 茂
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 30 巻 1 号 p. 124-

詳細
抄録

子宮、卵巣、膣、はリンパ本幹と繋がっており、リンパ腺、リンパ節は解毒装置であり、リンパ腺、リンパ節が詰ると、解毒機能が低下し子宮、卵巣の臓器内リンパ腺と臓器本体が肥大、膨張、硬化、膿腫、圧痛(強)となり、子宮筋腫、子宮癌、子宮頸痛、卵巣膿腫、子宮内膜症、などの疾患として表われてくるのです。 リンパ本幹、リンパ腺、臓器内リンパ腺という視点からの治療により、手術しなくても治癒に導くことが可能となるのです。

著者関連情報
© 2012 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top