日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
経験的サイト増幅・位相特性を考慮した2011 年東北地方太平洋沖地震における那珂川水管橋での地震動の評価
秦 吉弥鍬田 泰子野津 厚
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 4 号 p. 4_374-4_393

詳細
抄録

 2011年東北地方太平洋沖地震によって水道施設は数多くの被害を受けた。茨城県水戸市の那珂川水管橋では、大口径管路の伸縮継手が脱管するなどの深刻な被害が発生しており、当該地点における地震動を推定することは非常に重要である。そこで本研究では、那珂川水管橋において高密度の余震アレー観測を実施し、得られた記録に基づいて当該地点におけるサイト増幅・位相特性を評価した。そして、サイト特性置換手法を用いて、本震時における那珂川水管橋での地震動を推定し、堤内地側と堤外地側で地震動特性が大きく異なることを明示した。また、サイト特性置換手法に基づき既存強震観測点での本震記録を再現することで、地震動推定手法の適用性を確認した。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top