日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
東北地方太平洋沖地震における被災建物の振幅依存振動特性の長期モニタリング
源栄 正人ツァンバ ツォグゲレル吉田 和史三辻 和弥
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 5 号 p. 5_117-5_132

詳細
抄録

本論文では、2011年東北地方太平洋沖地震で大きな被害を受けたSRC造9階建て建物を対象に、地震時とその前後における振幅依存振動特性の分析を行うとともに、実観測記録に基づく動的履歴特性を分析した。ウェーブレット解析に基づく倍調波成分の励起の確認により浮き上がり振動を起こしていたことを示唆し、被害状況とも調和することを示した。また、竣工以来40年に及ぶ微動レベルから強震動のレベルの長期モニタリングデータに基づく振幅依存振動特性について整理分析を行った。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top