日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
2011 年東北地方太平洋沖地震で損傷した鉄筋コンクリート造3階建て建物のモード特性と損傷階の推定
飯山 かほり栗田 哲源栄 正人千葉 一樹櫻田 佑太三辻 和也
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 5 号 p. 5_207-5_224

詳細
抄録

2011年東北地方太平洋沖地震で損傷を受けた鉄筋コンクリート構造3階建て建物について、本震の加速度記録と微動データの分析によりモード特性の変化を調べ、損傷による変化や竣工後からの経時変化について検討を行った。また、簡易な推定法を用いて微動データの分析で得られた固有モードから損傷階の特定を試みた。FDD法による微動データの分析方法についても検討を行い、仮定した建物の減衰モデルの差異が解析結果に及ぼす影響について調べた。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top