日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
多点同時微動計測に基づく大破した9階建てSRC 造建物のモード特性の同定
飯山 かほり栗田 哲源栄 正人千葉 一樹平松 大樹三辻 和也
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 5 号 p. 5_225-5_242

詳細
抄録

2011年東北地方太平洋沖地震で大破した鉄骨鉄筋コンクリート構造9階建て建物のモード特性を微動データからFDD法により同定した。同定した固有モードから、立体振動モード性状、並進振動モードに占める捩れ成分、固有モードの層間変形率について検討を行った。また、建物の減衰モデルの違いが同定した固有モードに及ぼす影響についても検討した。最後に、既往の研究も参照して微動固有振動数の経時変化、固有モード特性と建物の損傷との関係、微動データから同定される複素固有モードの性質について考察した。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事
feedback
Top