日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
論文
東日本大震災における電気通信土木設備の被害状況に関する考察
山崎 泰司瀬川 信博石田 直之鈴木 崇伸
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 5 号 p. 5_55-5_68

詳細
抄録

本論文は、東日本大震災に際し、日本電信電話株式会社における電気通信土木設備の被災状況を報告するとともに、被災状況の傾向分析により、これまで実施してきた耐震対策の有効性を確認したものである。阪神淡路大震災と比較した場合、津波被害を除く地震動及び路面変状等による被災率は、東日本大震災の方が低い傾向にあることが確認できた。また、今後予想される首都直下型地震、東海・東南海・南海地震を想定した耐震対策については、公開されている地盤情報に基づき被災しやすい箇所を想定することが可能であることが確認できた。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top