日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
リモートセンシングによる2011 年東北地方太平洋沖地震津波の広域被害把握
越村 俊一郷右近 英臣福岡 巧巳林 里美
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 6 号 p. 6_50-6_62

詳細
抄録

本稿は,巨大地震災害発生直後の広域被害把握のための技術体系の構築を目的とする.広域被害把握までの流れは,衛星画像解析による津波浸水流況の把握,浸水域内建物棟数の推計,航空写真の判読による建物被害の把握,航空写真・衛星画像による瓦礫量の把握という,4つの技術で構成し,2011年東北地方太平洋沖地震津波災害におけるインプリメンテーションを通じて,その有効性と課題を明らかにした.

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top