日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
現場模型実験に基づく杭頭絶縁基礎の地震時挙動の評価
山本 実中井 正一関口 徹福武 毅芳田地 陽一
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 15 巻 7 号 p. 7_343-7_353

詳細
抄録

著者らは、既存杭の活用も考慮した杭頭応力低減方法として、杭頭と基礎底面を完全に切り離した「杭頭絶縁基礎」という新しい基礎工法を提案しており、1/10スケールの構造物模型による実地盤での地震観測を行っている。本報告では、一連の現場模型実験から得られた地震記録を基に三次元有限要素法によるシミュレーション解析を行い、杭頭絶縁基礎の地震時応答特性を評価した。その結果、杭頭絶縁基礎は杭頭応力のみならず、直接基礎および杭基礎と比べて構造物の応答を抑制する効果があることが確認できた。

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top