日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
報告
2016年熊本地震における強震観測点周辺の状況と発生した地震動との対応性―熊本県北,大分県―
神野 達夫汐満 将史境 有紀重藤 迪子松尾 真太朗田中 斐佳金子 政輝古谷 英康上薗 周平有馬 拓
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 18 巻 5 号 p. 5_154-5_190

詳細
抄録

2016年に発生した熊本地震を対象として,熊本県北・大分県において震度6弱以上を記録した強震観測点周辺の被害調査を行った.その結果,全壊といった大きな被害を受けた建物が見られたものの,その数は震度の大きさに対して少なかった.観測された強震記録の性質について分析した結果,いずれも周期1秒以下の短周期が卓越した地震動で,建物の大きな被害と相関がある周期1-1.5秒応答は小さく,このことが震度が大きいにも関わらず,大きな被害を受けた建物が少なかった原因と考えられる.また,一部の強震記録は長周期成分が卓越しており,免震建物や超高層建物があった場合,大きな被害が生じていた可能性がある.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top