日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
免震ゴム支承の内部損傷検知に関する数値解析的研究
能勢 侑希伊津野 和行川崎 佑磨
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 5 号 p. 5_283-5_293

詳細
抄録

1995年の阪神・淡路大震災以降,橋梁に免震ゴム支承が積極的に採用されるようになったが,近年では経年劣化に関する課題が顕在化している.積層ゴム支承の内部損傷は,設計で想定された免震橋の地震時機能が十分発揮されないことにつながりかねない.よって本研究では,積層ゴム支承内の損傷の有無を非破壊検査手法で判定することを目指し,有理関数CIP法による波動伝播シミュレーションを行った.ゴム供試体を用いた衝撃弾性波法による実験結果との比較を行い,数値解析の妥当性を示した.また,内部空洞がある場合には,空洞側面における波の反射によって伝達波の振幅に変化が生じることを示した.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top