日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
ハンドル操作に着目した地震発生時の高速道路上での車両挙動について
福永 健二清野 純史馬淵 亮太朗篠原 聖二井藤 貴文
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 20 巻 7 号 p. 7_35-7_45

詳細
抄録

強震時に高速道路上で車両衝突が発生する可能性を想定し,衝突実験をもとに車両対車両・車両対壁面の衝突モデルを作成して,車両が衝突・追突によりどのような挙動を示すのかについての解析を行った.その結果,対壁面衝突に関しては,高速走行時に想定される衝突角度において速度を保ったまま跳ね返り,他車線に進入する可能性があることが分かった.すなわち,構造物と衝突した後に他車に衝突するなど,多重衝突を誘発する危険性があることが確認された.また,地震動の影響とドライバの予測を考慮したハンドル操作モデルを作成し,地震時にハンドル操作が受ける影響について検討した.解析の結果,直進を保持するようにハンドル操作を行ったとしても進行直角方向に変位が生じることが分かった.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top