日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
地盤条件を考慮した地震による鉄道構造物の被害関数の構築
高浜 勉翠川 三郎
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 9 巻 5 号 p. 5_42-5_57

詳細
抄録

1978年宮城県沖地震、1995年兵庫県南部地震、2004年新潟県中越地震による鉄道構造物の被害資料を収集・整理し、被害発生地点を震度分布と重ね合わせ、計測震度とメッシュ単位での鉄道構造物の被害率との関係を地形・地盤分類ごとに整理した。さらに被害率の傾向が類似した地形・地盤分類を統合し、震度4~7で適用可能な被害関数を構築した。その結果、鉄道構造物の被害は震度5強程度から生じ始めること、被害率は山地・丘陵や谷底低地などで高いことを確認した。

著者関連情報
© 2009 一般社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top