日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集2
小児乳頭癌の臨床
伊藤 康弘宮内 昭木原 実小林 薫廣川 満良宮 章博
著者情報
キーワード: 甲状腺乳頭癌, 小児, 予後
ジャーナル フリー HTML

2013 年 30 巻 4 号 p. 294-298

詳細
抄録

年齢は甲状腺乳頭癌の予後を規定する重要な因子である。特に高齢者乳頭癌が生命予後不良であることは,よく知られている。ただし,生命予後とリンパ節再発予後,遠隔再発予後とは必ずしも一致しない。今回われわれは小児(20歳未満)乳頭癌110例の予後および予後因子について検討した。8例に術前から遠隔転移を認め(M1),これらはM0症例に比べてaggressiveな臨床病理学的所見を示した。M0症例における10年リンパ節および遠隔再発率はそれぞれ16%,5%であった。多変量解析において3cm以上のリンパ節転移,16歳以下が独立したリンパ節再発予後因子であり,3cm以上のリンパ節転移と被膜外進展が遠隔再発予後因子であった。M1症例およびM0症例各1例が癌死した。小児乳頭癌の生命予後は良好であるが,再発率はかなり高い。特に3cm以上のリンパ節転移,16歳以下,被膜外進展のある症例に対しては慎重な治療と経過観察が必要である。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top