地理空間
Online ISSN : 2433-4715
Print ISSN : 1882-9872
横浜における外国人居留地および中華街の変容
齋藤 譲司市川 康夫山下 清海
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2011 年 4 巻 1 号 p. 56-69

詳細
抄録

 本稿では横浜における外国人居留地と横浜中華街の変容について報告する。横浜は開港から150 年間が経過した。その歴史を鑑みると,外国人居留地の建設に始まり,関東大震災や戦災,港湾機能の強化,華人の集住による中華街の形成など地域が目まぐるしく変化してきた。本稿では横浜開港の経緯について述べた後,外国人居留地の状況と変容,外国人向けの商店施設が集積した元町,最後に居留地の中で華人が集住して形成された横浜中華街について報告する。150 年の歴史の中で横浜の景観は大きく変容し,開港当時の景観や外国人居留地の様子を窺い知ることは難しい。しかし,19 世紀に描かれた絵地図と照らし合わせることで現在の景観と比較することが可能であった。近年では,「歴史を活かしたまちづくり」や「中華街街づくり協議会」が発足し,横浜の外国人居留地は新たな段階に進んでいる。

著者関連情報
© 2011 地理空間学会
前の記事
feedback
Top