景観生態学
Online ISSN : 1884-6718
Print ISSN : 1880-0092
調査研究報告
野生生物分布データベースの構築―生物多様性の広域的評価に向けて―
高田 雅之北川 理恵小野 理
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 14 巻 2 号 p. 145-151

詳細
抄録

北海道の陸域を対象として,文献資料や現地調査情報など,多様なデータソースを統合し,植物,鳥類,哺乳類,両生類,爬虫類,魚類,陸生昆虫類,水生昆虫類に関する野生生物分布データベースを構築した。位置情報はメッシュデータ(1 km,5 km,10 km)を基本とした。データの総件数は約240万件となり,ひとつの地域としてはアジアでも例を見ない規模となった。これらのデータを用いて,全道を対象に保全地域内外の希少種数の比較,さらに生態系タイプと種数の関係分析を行った。その結果,広域的な生物多様性評価や保全上重要な地域の抽出に寄与する可能性を明らかにすることができた。

著者関連情報
© 2009 日本景観生態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top