沙漠研究
Online ISSN : 2189-1761
Print ISSN : 0917-6985
ISSN-L : 0917-6985
小特集:秋季シンポジウム
アラル海調査20年と旧湖底植林の報告
石田 紀郎
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 4 号 p. 141-145

詳細
抄録

1960年代から始まったアラル海流域における大規模灌漑農業開発によってアラル海への流入水は激減した.20世紀終わりにはアラル海の湖面は10分の1となり,広大な旧湖底砂漠が出現した.かかる環境改変の調査を20年間進めてきた.沙漠から押し寄せる砂による地域社会の存続危機を防ぐ手段のひとつとして,現地に自生する灌木であるサクサウールの植林活動を始めた.その活動と成果を報告し,かかる環境問題への関わり方を考えた.

著者関連情報
© 2018 日本沙漠学会
前の記事 次の記事
feedback
Top