日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第51回研究大会
会議情報

分科会B_1 流動化する世界とコミュニケーションの共有性
伝統医療におけるコミュニケーションの共有性
カザフのエムシ(治療者)の事例から
藤本 透子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. B05-

詳細
抄録

1990年代以降、カザフスタンでは伝統医療への関心が高まっている。エムシ(治療者)と呼ばれる人々は、病気や不幸を経て祖先から治療能力を受け継ぎ、邪視や悪霊によって引き起こされた病気を治すとされる。イスラームの教義に反すると批判されながらもエムシの活動が支持される理由を、治療者となる過程、診断・治療法に着目して検討し、伝統医療のあり方から地域社会におけるコミュニケーションの共有性について考察する。

著者関連情報
© 2017 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top