日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第51回研究大会
会議情報

分科会B_1 流動化する世界とコミュニケーションの共有性
シャマニズム再活性化におけるコミュニケーションの共有性
趙 芙蓉
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. B06-

詳細
抄録

1980年以降、東モンゴル地域におけるシャマニズム再活性化が新たな展開を見せている。本発表では、ゴロロス・モンゴルとホルチン・モンゴルとの間でシャマンの子弟間ネットワークを通したコミュニケーションの共同性が、両地域のシャマニズムの活性化およびゴルロス・モンゴルの集団アイデンティティの主張、集団内部の結束にいかに関わっているかを明らかにする。

著者関連情報
© 2017 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top