日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第51回研究大会
会議情報

分科会G_2 モノと演じる・モノと奏でる―マテリアリティの人類学と芸能研究の交差点
冠が決めるもの
バリの歌舞劇アルジャにおける身体・声・モノ
増野 亜子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. G16-

詳細
抄録

本発表はバリ島の歌舞劇アルジャarjaにおける身体・声・モノ、特に冠(グルンガンgelungan)の相互作用に着目する。冠はアルジャの登場人物の性質に呼応する身体を視覚的に規定する指標、役者の心身の変容を可能にする装置でもあり、役者の職能性を示す資源としても扱われる。そのマテリアリティは役者の身体と声に直接・間接に作用し、アルジャの伝承と実践を外側から枠づける効力を持つ。

著者関連情報
© 2017 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top