日本鳥類標識協会誌
Online ISSN : 2187-2481
Print ISSN : 0914-4307
一般論文
千葉県および利根川下流域におけるオオセッカLocustella pryeriの越冬状況
高橋 雅雄蛯名 純一宮 彰男磯貝 和秀古山 隆高田 哲良堀越 雅晴大江 千尋叶内 拓哉
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 29 巻 2 号 p. 85-94

詳細
抄録

2014-2017年の3冬季に,千葉県内の平野部および利根川下流域の計37ヶ所の湿性草原でオオセッカの越冬調査を実施し,計27ヶ所で計338個体を確認した.越冬確認地は千葉県内の平野部に広く散在し,その分布に地域的な偏りは見られなかった.越冬確認地および越冬個体数は耕作放棄地が最も多く,次いで河川敷や湖沼の岸だった.オオセッカは多様なタイプの草原環境で確認され,従来考えられていた以上に多様な植生環境を利用する可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2017 日本鳥類標識協会
前の記事 次の記事
feedback
Top