日本醸造協会誌
Online ISSN : 2186-4012
Print ISSN : 0914-7314
解説
原料米の窒素及び硫黄化合物が清酒貯蔵後の香気変化に及ぼす影響
奥田 将生
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 105 巻 5 号 p. 262-272

詳細
抄録

着色度の増加や老香の生成などの清酒の劣化は,含まれる窒素化合物や硫黄化合物が大きく影響すると考えられている。この劣化を防ぐために,清酒メーカーでは,米を磨き,アミノ酸度の低い清酒を醸造し,活性炭ろ過を行った後,製品化している。本稿では,清酒の劣化に対する原料米や清酒中の窒素や硫黄化合物の影響について解説いただいた。

著者関連情報
© 2010 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top