日本醸造協会誌
Online ISSN : 2186-4012
Print ISSN : 0914-7314
音楽振動の酒類への利用
小松 明
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 86 巻 10 号 p. 745-750

詳細
抄録

アルコール発酵の主役である酵母にも最適な生育環境があるし, 感情はなくとも生命体である限リストレスがあるはずである。クラッシク音楽を仕込蔵に流し酵母の生育境を好ましいものにし, 酒質を向上させるという話を聞く。音楽を振動に変換波及し, 発酵あるいは熟成を好条件に導くことが出来れば, 人間の飲酒環境にもプラスになる。本報はこのような試みについてまとめていただいた。

著者関連情報
© 公益財団法人 日本醸造協会
前の記事 次の記事
feedback
Top