脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
総説
新しい心臓リハビリテーション—全身加速ベッドと四肢駆血を冠血流予備能(CFR)から評価する—
福田 祥大島田 健永
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 54 巻 5 号 p. 67-71

詳細
抄録

要旨:経胸壁心エコー検査(TTDE)によって冠動脈左前下行枝の冠血流予備能(CFR)が測定できる。冠動脈に狭窄がない状態ではCFR は冠微小循環の状態を反映する。我々の検討において受動運動である全身加速ベッドと,四肢駆血によるremote ischemic conditioning はCFR を増加させることが判明した。全身加速ベッドとremote ischemic conditioning は冠微小循環を改善することで,新たな心臓リハビリテーションとして有用である可能性が示された。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
次の記事
feedback
Top