電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
平成22年度電気関係学会九州支部連合大会(第63回連合大会)講演論文集
セッションID: 02-2P-03
会議情報

説明変数間に相関がある場合のGA-Tree Bump Huntingの精度
古賀 元樹廣瀬 英雄
著者情報
キーワード: 計算機応用
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

分類が困難なデータに対するデータマイニングの手法の一つとしてbump huntingがある.事前研究では,決定木に遺伝的アルゴリズムを組み込み,変数が独立している場合においてbump huntingを行い,その精度の検証が行われた.しかし,実際に企業や研究で扱うようなデータは,複数の説明変数が相関を持ち,複雑な因果関係を構築していることも珍しくない.そこで,本研究では説明変数間に相関がある場合において,シミュレーションを行い,bump huntingの指標である,獲得率を理論的に求めた獲得率と比較することによって,GA-Tree bump hunting精度の検証を行った.

著者関連情報
© 2010 電気関係学会九州支部連合大会委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top