電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
平成23年度電気関係学会九州支部連合大会(第64回連合大会)講演論文集
セッションID: 06-2A-11
会議情報

アモルファス磁性材料のベクトル磁気特性測定に関する検討
上野 尚平戸高 孝榎園 正人
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

アモルファス金属薄帯の鉄損や無負荷損は、変圧器の鉄心の材料として大きなシェアを占めている電磁鋼板と比較して1/3以下と小さく、この材料を鉄心に使用することは省エネに非常に有効となる。しかし、アモルファス金属薄帯は、鉄心に加工すると薄帯時よりも大幅に特性が劣化する問題があり、これを解決するためには、材料のより詳細な磁気特性を把握することが重要といえる。そこで、材料のより詳細な磁気特性としてベクトル磁気特性を測定する必要がある。今回は、アモルファス金属薄帯のベクトル磁気特性測定法についての基礎的な研究結果を報告する。

著者関連情報
© 2011 電気関係学会九州支部連合大会委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top