ジオシンセティックスシンポジウム発表論文集
Online ISSN : 1884-3719
Print ISSN : 1344-3496
水平排水材の面内方向通水特性に関する一考察
塗師 文剛
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 12 巻 p. 75-79

詳細
抄録

この研究では、数種類の水平排水材について面内方向通水試験を行い、芯材形状が面内方向通水性能に及ぼす影響を求めた。実験は、垂直応力および動水勾配を変化させてネット型芯材を有する水平排水材、エンボス型芯材を有する水平排水材および比較のため、不織布単体について面内方向通水試験を行った。
実験の結果から以下の知見が得られた。低荷重下ではネット型芯材の排水材が優れ、高荷重下ではエンボス型芯材の排水材が優れている結果が得られた。これは、ネット型芯材の通水断面の減少がエンボス型芯材のそれよりも大きい割合で生じているものと考えられる。

著者関連情報
© 国際ジオシンセティックス学会日本支部
前の記事 次の記事
feedback
Top