耳鼻と臨床
Online ISSN : 2185-1034
Print ISSN : 0447-7227
原著
乾性耳垢と湿性耳垢の脂肪酸分析による比較
岩崎 聡鈴木 宏明茂木 英明工 穣宇佐美 真一
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 57 巻 2 号 p. 35-41

詳細
抄録

耳垢には乾性耳垢と湿性耳垢があることが知られており、以前から性状の違いは耳垢に含まれる脂質の量と組成により決定されるといわれ、これまで湿性耳垢の脂質の組成に関する報告がほとんどであった。耳垢は日頃臨床の場でよく遭遇し、生理作用もあるといわれているが、詳細はいまだ検討されていないのが現状である。今回われわれは脂質の中で最も多く含まれるといわれている脂肪酸の構成成分を乾性耳垢と湿性耳垢で分析し、比較検討した。高速液体クロマトグラフにより代表的な必須脂肪酸、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸を乾性耳垢と湿性耳垢で測定した。測定した 7 種類の脂肪酸を試料 1 g あたりに換算した量で比較するも有意な差は認められなかった。ただし、まだ同定されていない脂肪酸成分の反応が湿性耳垢でみられたことから、湿性耳垢のみに含まれる特異的な脂肪酸成分の存在が示唆された。

著者関連情報
© 2011 耳鼻と臨床会
次の記事
feedback
Top