日本経営工学会論文誌
原著論文(理論・技術)
発話権取引:話し合いの場における時間配分のメカニズムデザイン
古賀 裕之谷口 忠大
著者情報
ジャーナル フリー

65 巻 (2014-2015) 3 号 p. 144-156

詳細
PDFをダウンロード (1363K) 発行機関連絡先
抄録

本稿では話し合いにおいて,参加者の自由な発話タイミングを阻害することなく,均等な発話を促すことのできるコミュニケーション場のメカニズムとして発話権取引を提案する.発話権取引では参加者に等しい数の発話権が与えられ,これを自由に行使することで参加者は話し合いに参画することができ,また,発話権は自由に融通しあう事ができる.このメカニズムの特徴を実験に基づいて検討した.また,経済学的な考察を与えた上で,付加的な要素として発話振興券を導入し,その導入効果を実験に基づき評価した.発話権取引は,話し合いにおいて誰かが司会を行う負担を減らし,また,意思表示や理由に関する発言数を増やすことが分かった.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本経営工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top