体外循環技術
Online ISSN : 1884-5452
Print ISSN : 0912-2664
ISSN-L : 0912-2664
研究論文
ECMOで用いる大腿静脈カニューレの挿入性能に関する実験的研究
塚野 雅幸藤田 惇平樫本 文平土屋 裕橋詰 浩二武野 正義
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 47 巻 4 号 p. 327-332

詳細
抄録

大腿静脈(femoral venous:FV)カニューレ先端部の挿入性能を通過性試験により定量化し比較検討を行った。通過性試験はFVカニューレ先端部から100mmでカットし基部側から一定の力を加え、先端部がシースのバルブ(内圧50kPa)を通過する際にかかる力(gf)を計測した。結果は平均485.3gfから1432.6gfの加重がかかり、FVカニューレの硬度やカニューレ最先端部の段差が影響した。最も挿入性能が優れていたカニューレは硬度評価試験において硬度が最も高く、更にカニューレ最先端部を分析した結果、段差がより少ない設計となっていた。臨床でのカニューレ選択は、挿入性能の高さだけで選択されるわけではないが、本研究の結果が一つの判断材料となることを期待する。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本体外循環技術医学会
前の記事
feedback
Top