薬学教育
Online ISSN : 2433-4774
Print ISSN : 2432-4124
ISSN-L : 2433-4774
誌上シンポジウム:FD活動からアウトカムをはかる
大阪薬科大学におけるFD活動の新しい取り組み
尾﨑 惠一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 2 巻

詳細
抄録

平成19年度の大学設置基準改正におけるFD(Faculty Development)義務化にともない,大阪薬科大学でもFD委員会が設置され,歴代のFD委員長を中心に教育活動の改善や学習環境の整備にむけた取り組みが続けられてきた.この様な活動をさらに発展すべく,私は平成29年度より本学FD委員長を拝命した.FDは教員の授業内容・方法の改善を促す取り組みとされているが,広くは研究も含めて教員の資質の改善・開発を目指すべきものであり,教員の研究能力と教育能力がともに開発されてこそ「大学の教育力向上」が実現されるものである.また一方で,教育現場での主役である学生にも我々との協力体制でFD活動に参画してもらいたいと考えた.そのような考えに基づき,これまでのFD活動の中で踏襲すべきものは踏襲しつつ,現状をさらに改革し発展させるために企画した私の新しいプランとその活動の進捗状況を述べたい.

著者関連情報
© 2018 日本薬学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top