薬学教育
Online ISSN : 2433-4774
Print ISSN : 2432-4124
誌上シンポジウム:学習成果を測る!インスティチューショナル・リサーチ(教学IR)の取り組み
薬学部での教学IRの試み2
―名城大学薬学部での取り組み―
大津 史子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 2 巻

詳細
抄録

ディプロマポリシーなどで求める能力が,教育課程の成果として身についているかどうかを評価し,実質的な教育改善をすることが求められている.名城大学薬学部では,FD委員会で,教学IR(Institutional Research)に取り組んでいる.まずは,授業評価アンケートや学習活動調査,学習スタイル調査などのIRの基盤となる情報を一元的に蓄積し,他の学習成果の情報等も取り込み,多面的な分析が可能とする環境の構築(IR基盤データベース)を行った.また,ディプロマポリシー及び10の資質に対する長期的ルーブリックを作成し,後期終了時に,学生に1年間の学修成果を振り返らせる取り組みを導入した.本シンポジウムでは,現在取り組んでいる教学IRの事例として,学習成果とアクティブラーニング及び,学習スタイル調査との関連,さらに,ディプロマポリシー及び10の資質に対する自己評価について,検討結果の一端を紹介する.

著者関連情報
© 2018 日本薬学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top