日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
ヤブカラシ斑点細菌病菌Pseudomonas cissicolaの修正とneotype strainの指定
後藤 正夫牧野 孝宏
著者情報
ジャーナル フリー

1977 年 43 巻 1 号 p. 40-45

詳細
抄録

静岡県浜北市で分離したヤブカラシの斑点細菌病菌Pseudomonas cissicola (Takimoto,1939) Burkholder, 1948について分類学的再検討を行なった。本菌は掩元(1939)の原記載とは,鞭毛,ゼラチン溶解,リトマス牛乳反応,デンプン糖化,ウシンスキー氏培地における色素生産,5Cでの発育,グルコース,スクロース,ラクトース,グリセリンからの酸産生等の諸性状において異ったが,ヤブカラシにおける病原性,病徴では一致した。そこで本菌をP. cissicolaと同定し,その細菌学的性状の記載を修正するとともに,菌株PC1を本菌のneotype strainに指定した。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top