日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
いもち病抵抗性の遺伝(第VII報)黒禾のいもち病抵抗性遺伝子の分析
後藤 岩三郎
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 54 巻 4 号 p. 460-465

詳細
抄録

黒禾のPi-kur 1は噴霧接種によって検出され,第2連鎖群(第11染色体)に属し, lgと密接に連鎖しPhに近い。この遺伝子は圃場における抵抗性を大きく支配するが,レースに特異反応を示し,崩壊の可能性がある。Pi-kur 2は葉鞘検定により検出され, la(第8連鎖群,第9染色体)に連鎖する。この遺伝子は圃場においてPi-kur 1より低いが,相加的な抵抗効果をもつ。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top