日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
In vitroにおけるBMV RNA合成に及ぼす外被蛋白質の阻害作用
堀越 守三瀬 和之古澤 巌獅山 慈孝
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 54 巻 4 号 p. 533-535

詳細
抄録

われわれはすでにBMV RNAレプリカーゼによるin vitro BMV RNA合成が, BMVの外被蛋白質によって阻害されることを報告した。今回はBMV RNA 3のcDNAから鋳型活性のある3'端200塩基のRNA (3'-T200GR)を作製し,外被蛋白質によるin vitro RNA合成に対する阻害作用を調べた。その結果, 3'T-200GRを鋳型としたRNA合成はBMV外被蛋白質によって阻害されたが, 3'T-200GRは外被蛋白質によってウイルス粒子として再構成されなかった。これらの結果から, in vitro BMV RNA合成の阻害はRNA鎖中のレプリカーゼ結合部位をレプリカーゼと外被蛋白質が競合した結果であると推察した。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top