日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
材線虫病による年越し枯れアカマツ材部の電気抵抗値および葉の水分生理特性の経時的変化
福田 健二鈴木 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 54 巻 5 号 p. 625-628

詳細
抄録

材線虫病による年越し枯れのアカマツについて,病徴の進展に伴う材部の電気抵抗値および葉の水分生理特性の変化について検討を加えた。材部の電気抵抗値は,秋から冬にかけてはほとんどが正常な値を示したが,感染翌年の春~初夏にかけて180kΩ未満の値をとるものが多く,春季の材内におけるミクロフロラの変化が示唆された。P-V曲線から得られた葉の水分生理特性は,枯死直前の春~初夏まで正常な季節変化を示して,細胞壁弾性率(ε)には変化が認められなかった。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top