日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
わが国で分離されたブドウ根頭がんしゅ病菌のbiovarについて
澤田 宏之家城 洋之瀧川 雄一
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 56 巻 2 号 p. 199-206

詳細
抄録

岩手,山梨,長野および島根県下のブドウ根頭がんしゅ病罹病樹から25菌株の病原細菌を分離し,病原性と90項目の細菌学的性質を調査して病原学的に検討した。本細菌はグラム陰性,好気性の周毛桿菌で白色集落を形成し,単針付傷接種で原寄主のブドウのほか,トマト,ヒマワリにもがんしゅを形成した。また,比較供試したAgrobacterium tumefaciens biovar 1とは15項目,biovar 2とは14項目の細菌学的性質で差異が認められたのに対し,Bergey's Manual (1984)に記載のbiovar 3とはエタノールとプロピオン酸の分解以外の性質で一致した。以上のことから,本細菌をAgrobacterium tumefaciens (Smith et Townsend 1907) Conn 1942 biovar 3と同定した。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top