日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
症例報告
遺伝子変異による甲状腺機能異常
秋川 和聖越谷 剛小梁川 直秀
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 64 巻 5 号 p. 864-870

詳細
抄録

 甲状腺ホルモンの合成, 分泌, 作用に関わる各種遺伝子の胚細胞レベルにおける遺伝子変異により, 甲状腺ホルモン濃度やその働きに様々な異常をきたすことが知られている。本論文ではそれらのうち, 甲状腺刺激ホルモン (TSH) 受容体異常症と甲状腺ホルモン不応症を取り上げ, 前者として, 30歳代女性でTSH受容体遺伝子の機能獲得型変異 (p.Asp617Tyr) が確認され非妊娠時は潜在性甲状腺亢進症の状態であるが妊娠後半に甲状腺中毒症が顕性化した症例, および後者として, 60歳代男性で不適切TSH分泌症候群にバセドウ病を合併し甲状腺ホルモン受容体β遺伝子変異 (Ala234Thr) が確認された症例のそれぞれについて報告する。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本農村医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top