日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
症例報告
膵頭十二指腸切除後のTreitz靭帯部に内ヘルニアを起こした1例
前田 孝小林 聡高木 健裕駒屋 憲一加藤 真司坂野 福奈堀 明洋
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 71 巻 1 号 p. 46-50

詳細
抄録

 症例は57歳の男性。腹痛,嘔吐を主訴に腸閉塞で紹介となった。CTで骨盤部の小腸に拡張を認め,癒着性腸閉塞の診断で入院となった。既往に胆管癌があり,受診の4か月前に膵頭十二指腸切除を受けていた。
 入院後は絶食で経過観察した。第3病日に腹痛の増悪を認め,CTを再検したところ,上腸間膜動脈の背側で小腸間膜が絞扼された所見を認め,右上腹部に脱出した小腸はclosed loopを形成していた。内ヘルニアによる絞扼性腸閉塞の診断で緊急手術を施行した。手術所見としては,旧Treitz靭帯部に形成された結腸間膜と腹膜の間隙がヘルニア門となり,約2m程度の小腸が右上腹部に向かって脱出していた。腸管を整復し,ヘルニア門を縫合閉鎖した。術後経過は良好であった。
 膵頭十二指腸切除後の内ヘルニアに関する報告例は稀である。一方で,本術式は複雑な再建経路が影響し,様々な内ヘルニアを起こし得ると考えられる。他の報告例を踏まえ,文献的な考察を加えて報告する。

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本農村医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top