全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
アンケート調査にみる理療科療法の現状と課題
鈴木 雅夫
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 32 巻 2 号 p. 65-73

詳細
抄録

はり, きゅう, あんま法を理療科療法の基礎療法としてとらえ, この見地より地域と職業を特定し, その動向を知り問題の所在を発堀する目的でアンケート調査を行った。
結果: 治効を認める者70~80%。理療科療法の適応症の主な誘因は仕事である。受療体験率に比し今後の治療要求率は高いが, 保健のための要求率に伸びがない。受療障害の第1位は受療費の高い自己負担率で, つぎが治療の内容や方法に不安があるとなっている。
今後の課題: (1) 受療費の自己負担額軽減の早期実現 (2) 理療科療法が除疲労, 健康増進の保健・予防医療として有用であることのPR (3) 産業医療としての理療科療法の確立。

著者関連情報
© 公益社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top