日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
肝臓移植の麻酔法の実際
高橋 徹落合 陽治時岡 宏明森田 潔塩飽 善友小坂 二度見
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 10 巻 5 号 p. 482-494

詳細
抄録

ネブラスカ大学メディカルセンターで行われている肝臓移植の麻酔管理法を具体的に紹介した.手術の安全性と生存率の向上には,進行性,非可逆性肝疾患の早期の段階での肝移植の適応の決定が重要であること,安全な麻酔管理の条件としての肝疾患の病態の把握,術中に起こりうる事態の予測と的確な対応,予測される合併症の対策,新しい臓器保存液(UW液)の肝移植手術への応用の意義などについて文献的考察を加えて詳述した.

著者関連情報
© 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top