日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
原著
子宮がん集団検診で LSIL, HSIL 例への HPV 検査を併用した精密検査と経過追跡について
森村 豊寅磐 亮子佐藤 奈美塚原 孝佐藤 美賀子柴田 眞一若木 優渡辺 尚文西山 浩藤森 敬也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2013 年 52 巻 4 号 p. 323-329

詳細
抄録

目的 : 子宮頸がん検診へのベセスダ式報告と HPV 検査の導入で, 精度向上や効率化が期待される. SIL 例で HPV 検査の有用性を検討した.
方法 : 2008 年 4 月∼2009 年 3 月の福島県子宮頸がん集団検診で LSIL 190 例, HSIL で CIN2 推測の 76 例, HSIL で CIN3 推測の 69 例の HPV 検査と組織診, 経過や転帰を比較した.
成績 : SIL の HPV 陽性率は 80%前後で, SIL 各群で差はなかった. LSIL で CIN3 以上の病変が 9 例 (4.7%) 検出され全例 HPV 陽性であった. HSIL, CIN2 推測例で CIN3 以上は 25 例 (32.9%) で HPV 検査結果による差はみられなかった. HSIL, CIN3 推測例で CIN3 以上は 41 例 (59.4%) で HPV 検査結果による差はみられなかった.
LSIL で HPV 検査結果に関係なく, また HSIL, CIN2 推測例で HPV 陰性群が, 異型細胞消失率が高かった.
結論 : SIL 例は HPV 検査陽性率が高く, HPV 検査による triage に向かないと思われる. LSIL 例の精検異常なし例や HSIL, CIN2 推測例でも HPV 陰性例では, 異型細胞消失例が多く, 早期の追跡終了の指標となる可能性がある.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top