日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
症例
淡明細胞軟骨肉腫の 1 例
石田 誠実中西 昂弘西上 圭子佐藤 元中村 純子鳥居 良貴塚本 吉胤廣田 誠一
著者情報
ジャーナル 認証あり

2016 年 55 巻 3 号 p. 160-164

詳細
抄録

背景 : 軟骨肉腫は悪性骨腫瘍の約 30%を占めるが, そのサブタイプである淡明細胞軟骨肉腫 (clear cell chondrosarcoma : 以下 CCCS) は全軟骨肉腫の約 2%といわれており, きわめてまれな腫瘍である. 今回われわれは CCCS の 1 例を経験したので, その捺印細胞像を中心に報告する.
症例 : 40 歳代, 男性. 右股関節痛の悪化にて当院受診となった. 画像検査にて右大腿骨の骨頭から頸部にかけて腫瘍を認め, 針生検が施行された. 病理組織学的に CCCS が疑われ, 右大腿骨腫瘍広範切除術が施行された.
結論 : 本例の CCCS では, 腎癌や卵巣癌の転移と鑑別を要する上皮様の淡明細胞集塊, 破骨細胞様多核巨細胞, Osteoid 類似基質, さらには通常型軟骨肉腫成分が混在して出現した. 術中迅速診断時の鑑別には, 細胞像だけでなく, 画像所見を含む臨床情報も十分に考慮する必要があるものと考えられた.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top