日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
症例
肉腫成分を含んだ肺の混合型小細胞癌の 1 例
上田 香織星 暢夫佐々木 優中野 公子阿部 信星 サユリ平林 かおる
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 61 巻 2 号 p. 122-128

詳細
抄録

背景:混合型小細胞癌は,非小細胞性肺癌(non-small cell lung carcinoma:以下,NSCLC)の成分を含む小細胞癌の総称である.われわれは NSCLC の成分として癌肉腫成分からなる混合型小細胞癌の 1 例を経験したので報告する.

症例:50 歳代,男性.血痰および咳嗽が出現し画像所見で右肺上葉に 10 cm 大の腫瘍を認めた.CT ガイド下針生検にて肉腫様癌と診断されたため,右肺上葉切除+リンパ節郭清が施行された.切除検体の病理学的検索で腫瘍は癌肉腫を伴う混合型小細胞癌と診断された.同時に施行された切除腫瘍の捺印細胞診検体では多数の腺癌細胞,紡錘形間葉系異型細胞とともに少数の小細胞癌の細胞を確認した.

結論:細胞診断上,混合型小細胞癌を診断することは困難であるが,本例のような希少例を共有することが必要であると考えられた.

著者関連情報
© 2022 公益社団法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top