教育情報研究
Online ISSN : 2432-1745
Print ISSN : 0912-6732
小学校社会科産業学習における情報技術の社会的役割理解を促すプログラミング教育の実践とその効果
黒田 昌克森山 潤 潤
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 36 巻 2 号 p. 75-86

詳細
抄録

本研究の目的は,小学校社会科産業学習における情報技術の社会的役割の理解を促すプログラミング教育の実践を実施し,その効果を検討することである.小学校第5学年社会科の「情報や情報通信技術を活用する産業に関する内容」において,回転寿司店を題材として注文された寿司を客に届けるシステムをプログラミングで構築し,注文した商品が顧客に提供されるまでの仕組みをシミュレーションする実践を実施した.その結果,情報技術の仕組みの理解や情報技術を活用することで解決できそうな問題を発見する自信等の情報技術に対する意識,社会をよくするためにコンピュータを利用しようとする態度等が高まる効果のあることが示唆された.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top