頭頸部外科
Online ISSN : 1884-474X
Print ISSN : 1349-581X
ISSN-L : 1349-581X
原著
顎下腺原発唾液腺導管癌4症例の検討
植木 雄志渡辺 順橋本 茂久髙橋 姿
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 23 巻 3 号 p. 403-408

詳細
抄録

唾液腺導管癌(salivary duct carcinoma,以下SDC)の中でも顎下腺原発はまれである。今回顎下腺原発SDC 4例につき検討を行った。治療前の病期分類はstage Iが1例,Stage IIが2例,Stage IVaが1例であった。術前細胞診断で悪性を疑いえたのは1例のみで,術中迅速診断でSDCの疑いが1例,他の3例は悪性の診断であった。HER-2の過剰発現が3例にみられた。全例で頸部郭清術に加え術後照射が行われたが,3例で遠隔転移をきたし,2例は原病死した。SDCは集学的治療を行ってもなお予後不良の疾患であるが,HER-2の過剰発現が高頻度にみられることから,Trastuzumabなどの分子標的薬剤による新しい治療法の確立が期待される。

著者関連情報
© 2013 特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top