日本統計学会誌
Online ISSN : 2189-1478
Print ISSN : 0389-5602
特集:マクロ経済時系列分析におけるこれまでの発展と今後の展望
粒子フィルタの基礎と応用:フィルタ・平滑化・パラメータ推定
矢野 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 44 巻 1 号 p. 189-216

詳細
抄録

本稿では,粒子フィルタ,粒子平滑化,粒子フィルタによるパラメータ推定を解説する.粒子フィルタは非線形・非ガウス状態空間モデルの状態推定を実行するシミュレーションベースのアルゴリズムであり,1990年代初頭に発表された後,科学・技術の幅広い分野で活用されてきた.しかし,日本国内ではその知識が十分に普及しているとは言いがたいため,本稿では第2節で粒子フィルタとその適用例,第3節で粒子固定ラグ平滑化の基礎,第4節で粒子固定ラグ平滑化へのリサンプル・ムーブ法の適用,第5節で粒子フィルタと自己組織化状態空間モデルによるパラメータ推定,第6節で実物景気循環モデルの基礎と粒子フィルタを用いた状態推定例を解説する.

著者関連情報
© 2014 日本統計学会
前の記事 次の記事
feedback
Top