原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
論文
拡散透析を用いたベントナイトからのコバルトイオンの除去
高瀬 久男田村 浩一加藤 尚武
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 1 巻 2 号 p. 253-260

詳細
抄録

  万一、土壌中に漏洩した放射性金属イオンが土壌に吸着したとき、その土壌を処理しイオンを除去回収する必要がある。このような状態を想定し、微細な土壌粒子 (ベントナイト) からの放射性イオン (コバルト) の除去法として拡散透析法を用いた処理について研究を行った。微細な土壌粒子を含む溶液側を希釈槽、ストリップ液を含む溶液側を濃縮槽とし、両槽の間に陽イオン交換膜を挟み、回分操作による実験を行った。実験ではストリップ液として塩酸水溶液を用いたときが高度分離が達成できた。また、回分操作のシミュレーションを行った結果、ストリップ液の濃度、膜の選択、液と膜の接触状態を示す物質移動係数等がイオンの除去に大きな影響を及ぼすことが分かった。

著者関連情報
© 1995 一般社団法人日本原子力学会 バックエンド部会
前の記事
feedback
Top